2014年03月31日

対FC東京@アイスタ日本平

悔しい思いをした土曜日の対FC東京戦。
1対3の敗北を喫した。

開始5分、駿のゴールで先制。
まだ今季勝ち星のないFC東京は、今日もかと悪い予感がしたことだろう。
このあとの時間帯で追加点をあげて2対0としておけば、かなりの確率で勝利していたことだろうと思う。
大勝もあったのではないかとも思う。
だが詰めが甘く追加点が奪えない。
そうしているうちに、もう少しで前半も終わるという時間帯で同点に追いつかれる。
息を吹き返すFC東京。

後半、再び流れをもたらすビッグチャンスが。
エリア内で太田がハンドを冒す。
キッカーは元紀。
ところがGK権田がセーブ、得点できず。
どうも権田は元紀のキックの方向を読みきっていた節がある。
完全に流れが変わった。

セットプレーで逆転を許す。
キッカーは太田、頭で決めたのは森重、どちらにしても出てきて欲しくない名前だ。
さらに米本に追加点を奪われる。
2点差をつけられなかったエスパルスに対し、しっかり2点差をつけたFC東京。
勝敗は決してしまった。

数少ない良かった点をあげるなら、駿の得点があげられようか。
これで公式戦3試合連続ゴール。
逆にノヴァコは低調。
またノヴァコが2列目だと守備時に問題が生じるように見えた。

3月は1勝3敗1分となった。
4月は反撃の月としてもらいたい。
posted by s-crew at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/393371168

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。