2014年04月04日

「週刊エコノミスト」4/8

月曜日発売だった雑誌を紹介したい。
「週刊エコノミスト」4/8特大号。
特集は『鉄道の未来』。
36ページに渡って鉄道特集の記事が掲載されている。

と書いたものの、あまりテンションは高くない。
すでに知っていることが多く、目新しさに欠けるように思ったのだ。
「週刊東洋経済」の特集のほうが内容が充実していると思う。

2部構成になっている。
第1部 鉄道ビジネスの現場
第2部 鉄道車両の活躍
だが、この括りはどうだろう、あまり実態に即していないようにも思った。

第1部で気になった記事は新宿駅の大改造、北側に東西自由通路ができるという。
2020年ごろに完成するとのこと。
またJR九州の「ななつ星」の成功を目にし、JR西日本・JR東日本でも“豪華列車”の運行を目指しているともある。
この方向は歓迎したい。

第2部では、第1部以上に目新しい情報はあまりなかった。
強いて気になった特集をあげれば、世界でブームのLRTか。
このブームが日本に来てもらいたいと思うのだが。

第1部に戻って、消費増税の波紋という特集もある。
ICカードと切符で異なる運賃を解説している。
横浜〜小田原間の運賃比較表がある。
意外と切符のほうが安い区間も多いと驚いた。
私事だが、3月まで私はICカードを使っていなかった。
もっぱら切符を買っていた。
だが現在はSUICAにした。
会社の交通費支給が安いほうでとなったからだ。
結構会社ではネタにされている。

こういったビジネス雑誌での鉄道特集は着実に増えているように思う。
またこういった特集があれば、懲りずに読み進めることとしたい。
posted by s-crew at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/393785607

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。