2014年04月06日

関東大学サッカーリーグ戦 早稲田大対東京国際大@西が丘

春、リーグ戦が始まる時期だ。
関東大学サッカーリーグも5日土曜開幕した。
開会式の後、第1試合は早稲田大学対東京国際大学のカード。

早大は昨年のシーズンは2位、今年こそ優勝をと力が入っていることだろう。
一方の東国大は昨年関東2部で優勝、監督はホーリーホックで采配を振るっていた前田秀樹氏。
ヒデキ感激の瞬間はあったのか。

先発メンバー発表。
早稲田のメンバーで注目したのはFW宮本。
流経大柏出身、プレミアイーストの試合ではエスパルスユースから得点を奪っている。
ベンチにはGK斉藤がいた。
エスパルスJYから清水東を経て早大へ。
東国大には残念ながら知っている選手はいなかった。

試合は開幕戦らしいカタい展開に。
シュートが少ない。
1試合を通じて早大が8本、東国大はわずかに3本だった。

宮本は競り勝つことが多かった。
まだ3年だが、来年は争奪戦になると予想される。
東国大で目についたの選手は9番福島。
背は高くないがバネがあるなあと印象を持つ。
フォアチェック時のスピードがある。

先制は早大、右SB新井のクロスに近藤貴が頭で合わせた。
なかなか綺麗な展開だった。
早大がペースを握ったまま、1−0で前半終了。

後半も早大が押し気味にゲームは進む。
得点は動かずアディショナルタイムへ。
ここで早大PKを獲得、キッカーは先制点をあげている近藤貴。
落ち着いて決めて早大追加点。
そしてタイムアップ。
早大2−0で開幕戦勝利。

注目した宮本は1本もシュートがなかった。
物足りないなあ。
もっとゴリゴリ行って欲しかった。
うまいところではなく、強いところを見たかった。

早稲田が1部2位の貫禄を見せたといったところか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/393891416

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。