2014年04月06日

関東大学サッカーリーグ 専修大対駒澤大

西が丘の2試合目は、専修大対駒澤大のカード。
先に結果を書く。
6−0(!)でリーグ3連覇中の専大が圧勝。
駒大のシュートはわずかに1本だった。

専大の右サイドは強力だ。
WG仲川、SB北爪、ともにJ注目の選手。
特に仲川のボールタッチは素晴らしい。
北爪のオーバーラップも迫力がある。

対する駒大の左SBは竹澤、昨年度の選手権で優勝の立役者となったあの選手だ。
1年ではあるが、開幕から抜擢される。
健闘していたとは思う。
フル出場もしたし。

それにしても専大の破壊力はすさまじい。
攻撃は最大の防御というが、駒大のシュートは1本。
強いなあと思う。

両チームで注目していた選手をあげると、専大ではGK福島とボランチ星野。
どちらも静学出身だからという理由だけど。
確実なプレー。
駒大ではFW小牟田。
ゼロックスカップの前座、NEXT GENERATION MATCHで得点をあげた選手で記憶に残っている。
巻、三島、棗などの駒大大型FWの系譜。
だがこの日は専大のCB陣に押さえ込まれていた。

この試合を見た限りだが、専大の4連覇はかなり高い確率でありそうだと思った。
まあ明治の試合を見れば、また違った感想を持つかもしれないが。
それにしてもしつこいようだが専大やっぱり強いわ。
【関連する記事】
posted by s-crew at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝手にアーカイブズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/393892905

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。