2014年04月15日

対アルディージャ@アイスタ

土曜日に行われたエスパルス対アルディージャのオレンジダービー。
2−0とホームのエスパルスが勝利を収めた。

今までの傾向が先入観としてあるのか、あまり点が入らない試合になるのではないかと思っていた。
前半が終わったところで、やはりと思ってしまった。
だが、後半立ち上がりにノヴァコが恩返しとばかりにゴールを決める。
そして、アディショナルタイムの元紀の得点。
この二人がゴールを決めたことは、今後を考えると、大きい。
もちろん駿が点を取っても大きくないということではないが。
まあ、できるなら前半のうちに得点をあげて欲しかったという思いはある。

良い意味で目についた選手は、左SB吉田。
再三積極的に仕掛けてクロスを入れていた。
相手の右SB、日本代表合宿にも呼ばれた今井に劣っていなかった。
また相手のプレッシャーが少なかったこともあり、ボランチコンビも良くボールに触れていた。
いい経験を積んでいるように見える。

大きなお世話かもしれないが、ここは改善を求むというところを一点。
交代カードをもっと早く切れなかったか。
アルディージャが三人代えた後でやっと二人交代となった。
河井に代えて村田をもっと早く見たかった。

アルディージャの出来の悪さにも助けられた感がある。
見た感じ、家長の調子の良し悪しでチームの出来が左右されてしまうように思った。
この日は家長を良く抑えていたので、点を取られる感じはあまりしなかった。

ともかくこれで五部の星に戻したエスパルス。
今月は勝ち続けたい。
まずはヴォルティス戦が待っている。
日程的にも有利なはず。
油断なく勝ち点3を持ち帰ってもらいたい。
posted by s-crew at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。