2014年05月03日

辻尾は定位置を確保したか

しばらくブログ更新をサボっているうちに、アップしていない観戦記がたまってしまった。
早く追いつくよう努力します。

で、まずは4月13日。
この日私ははしご観戦をした。
1試合目は、午後1時キックオフのFC町田ゼルビア対ツエーゲン金沢。
この試合で注目したのは、ツエーゲンの右SBで出場した辻尾。
そう、元エスパルスにいた辻尾真二だ。

及第点の出来と言っていいのではないかと思った。
もう少しでアシストというクロスをあげていた。
余裕を持ってプレーしていた。
後半途中で交代、替わって入ったのはレギュラーだった阿渡、昨年の天皇杯で得点をあげた選手だ。
だが、この出来ならレギュラーの座をつかめると思う。

試合は0−0のスコアレスドロー。
ゼルビアのFW鈴木がブレーキだった。
面白くなかったわけではないが、やはりゴールを見たかった。

辻尾以外で注目したプレーヤーは、ゼルビアのボランチ庄司。
意欲は見せたが、後半途中で交代となってしまった。
どこが悪かったのか、ちょっとわからない。

去年の天皇杯でエスパルスサポーターに印象を残したツエーゲンの清原も良い動きを見せていた。
全体的にツエーゲンの動きがよかったように思った。

また野津田に行くこともあるだろう。
次は得点シーンを見たい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/396110810

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。