2014年05月19日

シュートよりサイド攻撃か

ちょっと休んでいるうちに宿題がまた増えてしまった。
とにかく先に進めなければ。
ともかく今日の記事からやっと5月になる。
5月3日に行われたエスパルス対サガンの一戦について。

試合前のアップを見るとまた大輔が攻撃組みに入っていた。
また大輔がトップ下だろう、ということはサガンのボランチの藤田にマンマークだと思った、このときは。

キックオフ、大輔のポジションが低い。
アンカーのポジションに着いていた。
予想は見事に外れてしまった。

試合は0−1でエスパルスが負けてしまった。
得点は藤田のミドルシュート。
やっぱりシュートは打たなきゃ点が入らない。

一方のエスパルスは、なかなかシュートを打たない。
後半、バイタルエリアでボールを持っても、サイドにはたいてばかりいた。
これしかしないのだから、守るほうにしてみたら楽だ。
サイド攻撃を怖いものにするためにも、ミドルシュートをもっと狙っていいと思う。

大型連休中ということもあり、アイスタには多くの観客が来ていた。
せめて得点の喜びを味わって帰途について欲しいと思ったのだが。

ホームなだけに、攻撃的な姿勢をもっと見せてほしかったと思った試合だった。
posted by s-crew at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/397421555

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。