2007年04月30日

肥前山口駅に到達

諫早駅まで来た。
次に乗る列車が行程の最後の列車となる。
また記事自体もこれで最後。
本当は島原鉄道に乗りたいという気持ちがあったが、ぐっとこらえてかもめ22号に乗り込む。

070430諫早.jpg
諫早駅

かもめ22号は定刻通り12:48諫早駅を出発。
しかし肥前鹿島駅の手前でまたやや遅れる。
多客期にはこういうことがよく起こるのだろうか。

数分遅れで肥前鹿島駅に到着。
最後の途中停車駅、ってちょっとしつこいか。

遅れを取り戻し、ほぼ定刻に旅の終着点肥前山口駅に到着。
もう少し風情のある駅だといいのだが、単なる乗り換え駅の域を出ず、いま一つ感慨がわいてこない。
それでもせっかく達成したのだから何か被写体を探そうとし、改札を出る。
するとそこに「JR 最長片道切符の旅 ゴール」の看板があるではないか。

070430肥前山口.jpg
ゴール

これには驚いた。
また、その横には「旅の終わりは旅の始まり」と関口知宏氏の言葉による碑が。
よし、気持ちを新たにする私だった。

もし早岐に向かう特急が遅れなければ、乗り換えの関係でこの看板や碑を見つけられずに、博多へ向かっていたかもしれない。
予定通りいかなかったことで、別の楽しみを見つけることができたような気がする。
こういったことがあると、また自分独自の旅の計画を立てたくなる。
楽しもうとする気持ちがある限り、鉄道の旅に終わりはない。
posted by s-crew at 14:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 最長片道切符もどきの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
稿を改めました。
Posted by s-crew at 2007年04月30日 23:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40425292

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。