2007年05月05日

青空フリーパスその1

4月30日に「最長片道切符もどきの旅」を終わらせた私は、次の目標をどこに設定するのかを考えていた。
いつかはJR全線を完乗したいとは思っている。
ただ、今それを目標にするのは時期尚早だと思ったのだ。
あれこれ考え、結局いろんな切符を紹介しつつ、それを実際に乗ってみる、そんな旅をすることにした。
その旅には、当然未乗区間を含むことが多くなる。
今回はJR東海の「青空フリーパス」。
この切符で未乗の参宮線と名松線に乗る。

070505切符.jpg
青空フリーパス現物

この切符は、名古屋を中心とする約100キロの区間なら2500円で普通車自由席が1日乗り放題というもの。
約100キロといっても区間にってバラバラ、よく使われる区間は短く、あまり使われない区間ほど長いようだ。
使えるのはホリデーに限られるが、区間によってはとってもお得になる。

まず私は10時30分名古屋発の快速みえ3号に乗った。
行き先は多気経由で鳥羽まで、多気から先が参宮線でまだ私が乗ったことのない区間。
手計算だが、名古屋〜鳥羽の運賃は2380円と思われる。
これだけでほぼもとが取れている。

この時期、伊勢神宮が観光スポットになっていて、最寄り駅の伊勢市まで席はほぼ満席状態だった。
といっても2両編成という短さだったが。

12時20分ごろ、定刻よりやや遅れて鳥羽に到着。
海が見えたので、駅から出て海を見に行く。

070505鳥羽の海.jpg
伊勢湾と島々

一人で歩いている人は、ほかに見かけない。
家族連れやカップルばかりだ。
すごすごと駅まで戻ることにした。
次は名松線を目指す。
posted by s-crew at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 切符に乗るたび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40850185

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。