2008年01月07日

「駅伝がマラソンをダメにした」

率直に書くが、今年の箱根駅伝は面白かった。
特に往路は、二区のごぼう抜きや五区の大逆転など、例年以上に見所が多かった。
しかし、史上最多の三校の棄権校が出たことも事実としてあげておかなければならないだろう。
そこで再び読んでみようと思ったのが、確か二年ほど前に一度読んだ「駅伝がマラソンをダメにした」(生島淳 著 光文社新書)だ。
ただ本が見つからなかったので、読んだときの記憶をもとに書く。
記憶違いがあるかもしれないが、その点はご容赦を。

書名の中には特にどの駅伝かは書かれていないが、箱根駅伝のことを指している。
ところで大学の三大駅伝大会と称されるものがある。
出雲駅伝(六区間44キロ)、全日本大学駅伝(八区間106.8キロ)、箱根駅伝(十区間217.9キロ)だ。
このうち箱根駅伝だけが関東ローカル、言ってみれば全国大会ではなく地方大会。
にもかかわらず正月に完全生中継することもあって、知名度は群を抜いている。
またひとつの区間がほかの駅伝よりずっと長いという特徴もある。
ここに「ダメにした」な理由が隠されている。

日本テレビが完全放映するようになり、箱根駅伝は大学の宣伝の場となった。
伝統校のユニフォームはアルファベット一文字のところが多い。
早稲田のW、日大のN、中央のCなど。
だが、新興校は大学名をフルネームで入れている。
知名度を上げて受験者を増やしたい(受験料収入を増やしたい)という意図が、そこには込められている。

また一区間が、ほかの駅伝よりも長い20キロ前後ということで、本来はその距離が適性ではないランナーも20キロを走らざるを得ない。
今年の大会で棄権者が3名出てしまった遠因もそこにあるのではないか。

この本を読めば、夏の甲子園と同じように、箱根駅伝も抜本的な改革が必要な競技大会だと思わされることだろう。
posted by s-crew at 22:58| Comment(6) | TrackBack(0) | この本に再注目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分も幼い頃から箱根は「よく見る」ではなく「必ず見る」TVです。
今年は高校サッカーの現地観戦をしたので、HDDに録画してまで見ました(正確には今見てる途中です。書き込んでる今もまさに見てますが)。
結果も分かっているし1日6時間以上も放送時間があるのに全く飽きません。

3校の棄権のうち、東海は完全なるアクシデントとして除外して考えますが。
自分は適性というのはどうかと思います。
伝統校になればなるほど、それなりの選手はいるはず。
これだけ様々なものが発達した現代に棄権が圧倒的に増えてる事。
練習等様々な問題もあるでしょうし、ある意味では選手の自制心の低さもあるんじゃないかと思います。

1つ言いたいのは、これで距離を変更してしまったら箱根駅伝ではなくなってしまうと思います。
ハイリスク・ハイリターンな事かもしれませんが、これだけは不変であって欲しいです。
Posted by こう at 2008年01月08日 00:42
この本、私も(立ち読みでしたが)記憶にあります。
箱根駅伝に関しては、s-crew さんと同様に、甲子園との類似性を感じております。更にいえば、今やっているサッカーの高校選手権にも共通する、様々な功罪があるように感じられ、私も色々考えさせられます。
このテーマはなかなか面白いかもしれませんね。
Posted by 東山米純 at 2008年01月08日 02:17
こうさん、東山さん、コメントありがとうございます。

このことについてはいろいろと書きたいことが多すぎるので、今回書くのはひとつだけに絞ります。
関東ローカルなのに駅伝日本一の大学を決めるような扱いに違和感を覚えます。
関東学連選抜があるのなら、ほかの学連選抜をエントリーさせたり、あるいは関東以外の大学で全日本大学駅伝の上位校に出走権を与えるなどしてみたらどうかと思うのです。
伝統といっても、2年前でしたか10区の走路を変えてみたり、多少は融通を利かすこともできるとおもうのでぜひ検討していただきたいと思います。

また異論反論があるかな?
Posted by s-crew at 2008年01月08日 22:56
箱根駅伝は他の大会よりもひと区間が長いのですか。

このブログに書かれてある前に親父と
『最近の子供(と言っても大学生だが)はプレッシャーに弱いのかね。毎日散々走ってる距離だろ』

と会話しました。

学連選抜が上位になったのもプレッシャーから解放されてホイホイ走れちゃったのかなとも思いましたし。

この大会が関東だけの大会と気づいたのは20過ぎてからでしたね。普通に関西は弱いんだと思ってましたし。

まあマラソン中継同様にスポンサー的にもテレビ局にとっては美味しいコンテンツですよね。

私はアマチュアスポーツの方が健全では無いと感じる事が多いです。
ルールや規定もコロコロ変えるし。

最近ではハンドボールと柔道かなぁ。

結局アマチュアは上の方はお金が絡むので国と国との利権争いでしょうが。

競技者には気の毒なモノですがね。

Posted by 鬼退治 at 2008年01月08日 23:39
酒のツマミにはもってこい(というより語ると止まらなそう)な話ですので。
またそのうち・・・
Posted by こう at 2008年01月09日 18:58
鬼退治さん、こうさん、コメントありがとうございます。

確かにこれは酒の席ででもじっくりと討論したいネタですね。
駅伝だけに、次の機会につなげていきましょう、ってあんまりうまくないな。
Posted by s-crew at 2008年01月09日 21:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。