2008年01月20日

東海道 石薬師〜庄野

石薬師の宿の規模は小さい。
宿場町としてよりも、歌人佐々木信綱の生誕地として町おこしをしているように思った。
佐々木信綱顕彰会が作成した「信綱かるた道」マップというものがある。
その地図のとおり36首が街道沿いに貼り出されている。

080120石薬師宿入口.jpg

石薬師から次の宿場の庄野までは距離にして2.7キロと短い。
この短い間に気になったことが出てきた。
鈴鹿市に入ってから、宿場付近を除くと東海道の案内がなくなったのだ。
鈴鹿市は徒歩旅行者には無頓着で、ホンダの顔色をうかがうのに気をとられていたのかもと邪推する。
また道に迷っているうちに、私と同じく東海道を歩いていると思われる年輩の三人組に追い抜かれる。
ありゃあと思いつつ、その三人組の後を追って歩いているうちに庄野の宿の入口に到着。
三人組も写真を撮っている。
彼らはさらに先を急いでいたが、庄野だけにかまわないのがルールと、わたしはここで本日の行程を終わらせることにした。
次回は庄野の宿の江戸口から歩き始め亀山か関かどちらかまで進もうと思う。

080120庄野宿場江戸口.jpg

御徒紀行は終了したので、ここから先は蛇足。
加佐登の駅に到着。
時刻表であらかじめ調べて覚悟はしていたのだが、次の列車まで50分!待ち。
おかげでブログを投稿する時間をとることができたのだが、それにしてもこの時間帯1時間に1本とは。
ちょっと悲しい鈴鹿市のひとこまだった。
posted by s-crew at 14:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 東海道を歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今週末もお疲れさまです。

まだ噂の段階ですがどうやら今年の最終戦はアウェイ京都のもよう。

ゴールには何かいい感じな感じがしませんか?

Posted by 鬼退治 at 2008年01月21日 02:44
感動のフィナーレなるか?

今から足が武者震いしているぜ。
あ、単に昨日の疲れが残ってるだけかも。
Posted by s-crew at 2008年01月21日 23:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79674724

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。