2008年02月16日

島原半島遊湯券その1

寝台特急「あかつき」を諫早駅で降りる。
「あかつき」は3月14日で廃止となるが、今から乗る島原鉄道も島原外港〜加津佐間が3月末で廃線になる。
スポンサー様流にいうなら、一粒で二度おいしい旅を計画、それを実行に移しているわけ。
おいしい、という言い方には語弊があるかも知れないが。

つい先日島原鉄道に乗った方がいたような気もするが、私は「島原半島遊湯券」という、島原鉄道の鉄道・バス・フェリーが1日3000円で乗り放題のチケットを使って旅することにする。
080216島原遊湯券.jpg

いきなりチョンボをしてしまう。
8時40分発の列車に乗るはずだったのだが、なぜか8時50分と思い込んでいて、動き出す列車を見送るはめに。
これで島原で途中下車することができなくなり、終点加津佐まで乗り通すことに決めた。
ひとまず、これから乗る列車を写真に撮る。
080216島鉄.jpg

9時36分発の列車で島原半島の旅をスタートする。

というものの、前夜が寝台で寝たことが影響しているのか、あるいは京都まで立ちっぱなしの疲れが今頃出たのか、眠くてたまらん。
うつらうつらしていると、気がつくとすでに島原まで来ていた。
諫早のあたりは地元の人の割合が高かったが、いつの間にか撮り鉄の方々の割合が高くなっていた。

原城、口之津といった駅でけっこう下車、終点加津佐駅までたどり着いたのは、鉄分の濃い人ばかりのようだ。
posted by s-crew at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 切符に乗るたび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84246686

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。