2013年07月01日

4試合では2勝1敗1分

日曜日、新木場で超!Doシロートのフットサル大会に出てきた。
4チーム総当りで一応の順位をつけ、そのあと暫定1位と暫定2位とで、優勝決定戦を行うというもの。

1試合目、0−0でスコアレスドロー。
私はアップ不足でまだ動けなかった。

2試合目、女性の2得点ゴールもあり、3−0で勝利。
なかなか会心の試合だったように思う。

3試合目、見事なターンからのゴールもあり、1−0で勝利。
私はこの試合が一番動けていたか。

2勝1分の成績で見事1位で優勝決定戦に進出を決めた。

優勝決定戦の相手は直近の1−0で勝利したチーム。
今度はリベンジにあい、0−1で敗北。
というわけで4チーム中2位の成績でした。

試合後のビールが美味しかったからまあ良しと言っていいんじゃないでしょうか。
posted by s-crew at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

60分は何とかきったが

昨日3月3日は静岡市内を10キロ走ってきた。
第38回静岡駿府マラソンに出場したのだ。

記録は59分37秒と、かなり遅くなっている。
総合順位も4526人中2794位と半分より下の順位になってしまった。
今までは50分台前半の記録で、順位も上半分の中には入っていた。
いかんなあ。

また今回は初めて歩いてしまった。
つらかったんです。
5キロの給水地点、8キロ付近と歩いてしまった。

遅くなった原因ははっきりしている。
太ったからだ。
腹回りに4,5キロの重石をつけて走ったようなものだ。
これはきつい。

ただ、無性にまた走りたいという気持ちが今日になって起こってきた。
良い記録を出してやる、と思う。
また来年走りたい。
そして55分をきるように準備をしていきたいと思う。
posted by s-crew at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

23日のフットサル

1日贈れだが、23日の土曜日は味スタでフットサルの大会に出てきた。
大会といってもレベルは超ドシロート、楽しみながら、最近出てきている腹のことも考えながらボールを蹴った。

4チームによるリーグ戦は、全敗。
あれあれ。
そのあとの順位決定1回戦も破れ、ブービー(最下位)決定戦へ。
そこでは0−0のスコアレスドローで、サドンデスのPK戦へ。
ここでも敗れて最下位に。

私はといえば、とにかく体が重かった。
一月の健康診断で、対前年で体重が5キロ、腹囲が6センチ増えていたことが、もろに影響していたようだ。
こんなことで3月3日は10キロ走れるのだろうか、と一瞬思った。
が、そのあとビールと鉄鍋餃子に舌鼓を打ってしまう私であった。
でもいいのだ、楽しめたから。
このことに関しては反省はしていない。
posted by s-crew at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

逆転サヨナラ負けを喫す

昨日は朝からやきもきさせられた。
5時から草野球をする予定が入っていたのだが、やるのか中止なのか連絡がない。
いつもなら前日に確認のメールが来るのだが、それがなく、どうなるのやらと思っていたら、昼前にやっとやりますとメールが来た。

グラウンドは大田区の平和島運動公園、4面あるのだが、5時からの使用はうちらの試合だけだった。
ホームからレフト方向へ強風が吹いていた。

私は1番ショートで出場。

試合は、2回の表に3点を先制したわがチームが優位に試合を進め、4回を終わったところで6対2とリード。
ところがここからじりじりと追い上げられ、6回を終わったところで6対5と1点差まで追い上げれてしまっていた。
7回の表も無得点で、その裏を迎える。

先頭打者のあたりはセカンドベース後方の小飛球、私が追いつくも痛恨の落球。
その後クリーンヒットこそ許さなかったが、内野安打やポテンヒットなどが重なり、逆転サヨナラ負けを喫す。
重ねて痛恨の極み。

守備でもへまをしてしまったが、打つほうも3打数ノーヒットと沈黙。
まあこれは打てるボールがこなかったからとさばさばした気分でいる。
やっぱり課題は守備だったな。
落球以外にもスローイングミスが2度あった。

試合後、平和島駅前の飲み屋で反省会。
2週間後に、毎年行われている草野球のカップ戦があるので、それにむけて、なかなか激しい議論が展開された。
今日の試合を反省材料に、2週間後にいい成績をチームも私も残せるようにしたいものだと思った。
ラベル:草野球
posted by s-crew at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

安打が集中して逆転勝利

今日というか8月6日は長い一日だった。
まずは朝の9時から草野球。
新潟遠征(最初に厭世と変換されたのは偶然ではないかもしれない)の前だというのに何をやってるんだという気もしたが、草野球も好きなんだから仕方ない。
場所は浮間公園、家から新潟へ向かう途中といえば途中である。

相手のチーム名は忘れてしまったが、平均年齢がいつものことながらわがチームより明らかに若い。
私は1番センターで出場。
第一打席はあえなく三振。
第二打席はサードゴロエラーで出塁。
第三打席は左中間への良い当たり、センターに追いつかれるがボールを弾いて記録は安打にしてもらった。
結局三打数一安打一得点一三振という結果。

試合はというと1点を先攻されるが、6回の私の安打をきっかけに集中打で四得点、鮮やかな逆転劇となって4−1で勝利。
しかしこのイニングだけヒットが4本集中してるんだなあ。
ほかのイニングはほぼ完璧に抑えられていて、残塁数は2。
9番バッターは2回しか打席が回ってこなかったとぼやいていた。

草野球でありがちな四球の乱発や凡ミスがなく、しまった良い試合だったと終わったあとに審判の人がおっしゃっていた。

そうそうこの試合は守備機会も多かった。
最初の右中間の当たりを好捕(自分で言っちゃった)したのをはじめ4捕殺。
そのほかヒットの処理も2機会と、外野にしては守備機会の多かった日だった。

この時点では、いい一日になりそうな予感がしていたのだが。
ラベル:草野球
posted by s-crew at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

2−1で喜んだ次の日に

日曜日は朝9時から草野球。
甲府から自分の部屋に戻ってきたのが日曜日の0時過ぎ。
我ながらよくやるよと思う。

対戦相手はシャインズというチーム。
平均年齢は25歳とのこと。
わがチームの平均年齢より10歳以上若いんじゃなかろうか。
若いだけあってみんな動きが軽快だった。

私は1番ショートで出場。
参考までに、この日は参加者が13人(一人は遅刻)、草野球らしくみんなに打たせるため打順は12番バッターまで存在した。
第1打席は四球。
第2打席は2アウトフルベースで打席に入ったが、あえなく三振。
第3打席はレフトフライ。
ということで3打席2打数0安打1四球1三振という結果だった。

守備機会はなく、この日はキャッチボールの時点で肩の調子がよくないという自覚があったので、正直ホッとした。

試合は、四球が多かったものの、しまった内容で1−2と惜敗。
1回、2回と満塁のチャンスで1点しかあげられなかったのが響いた格好。
やはりチーム全体で1安打では勝てないか。
もっとも相手チームも2安打のみだったけれど。

元気があれば、夜ナクスタへ行こうかと思っていたが、自重する。
睡眠不足だったせいか、やっぱり体が重かった。
ラベル:草野球
posted by s-crew at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

乱打戦、終わってみれば

今日は午前中から草野球。
場所は猿江恩賜公園、地下鉄住吉駅から歩いてすぐのところ。
私はここで野球をするのは初めてだ。
東京スカイツリーがよく見える。

試合結果から書くと11対11の引き分け。
乱打戦と言っていいだろうな。
一時は6点差をつけられて負けていたが、7点を取ってひっくり返したものの、最後の最後に追いつかれて時間切れ。
5回までしかできなかった。

相手の打線は強力だった。
守備を見て、この人はまあ打たないだろうと思った人がいい当たりを飛ばす。
まったく油断ならない打線だと思った。

私は6番レフトで出場、1打席ごとに振り返ってみると。
第1打席は四球を選ぶ。
第2打席はサード前へボテボテの当たりで、得意の内野安打に。
調子に乗って盗塁を試みるも、らくらくのタイミングで刺される、結構ショック。
第3打席は1アウトフルベースで犠牲フライには十分の大きさのレフトフライ、とこれをレフトがエラー。
打数がつかず打点1を記録。
結局記録上は3打席1打数1安打1打点1得点1四球1盗塁死。

私はこの試合でお疲れ様となったが、私以外の多くのチームメートが地下鉄で移動して(!)別の場所で野球をする。
今日地下鉄半蔵門線の中で野球のユニフォームを着こんだいい大人の集団を見かけたら、多分私のチームメートです。
ラベル:草野球
posted by s-crew at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

堅い守備が大勝を導いた

今日は草野球をしてきた。
場所は上井草スポーツセンター、私のアパートから歩いていける。
というか、ほぼ一本道。
15年位前に1回だけここで野球をしたことがあり、人工芝だったことを覚えている。
対戦相手は、一度やったことがあるチーム。
そのときは、11−12という乱打戦の末、時間切れで負けになったらしい。
らしいというのは、その試合には私は参加していなかったから。
ともかく打撃には自信があるチームと聞いていた。

私は6番ショートで出場、前回の守備が散々だったのでもうショートはできないかと思っていたが、名誉挽回の機会が与えられたというつもりで臨んだ。

結果から書くと17対4で、スコアだけ見たら大勝。
だが、3回終わった時点では3対4と1点のリードを許していた。
ここで追加点を許せば主導権は完全に相手に握られてしまうところだった。
そんなときに守備のビッグプレーが2度続く。
ノーアウト満塁のピンチでライトフライ、ここで草野球らしからぬ見事な中継プレーとキャッチャーのブロックで本塁タッチアウトのダブルプレー。
さらに次の打者の打球は右中間を抜けようかという飛球、俊足のセンターがランニングキャッチして無失点に切り抜ける。

その後わがチームは相手投手のスタミナ切れを突いて、5回に6点、6回に8点と大量点を奪う。
相手チームは気持ちが切れてしまったのでこういった結果になったが、好守備がなければ逆の結果もありえたと思う。

私の成績はといえば、打つほうではライト前・レフト前と打ち分けて2安打と納得の結果。
さらに言えば、内野安打と確信してベースを踏んだ当たりが1本あったのだが、審判の判定はアウト、ちょっと納得が行かなかった。
守りのほうでは、フライとゴロを1つずつアウトにする。
こちらはまあ良し。
ただ横っ飛びでボールに食らいついた守備機会が3度あったのだが、1度はグラブの土手に当ててしまい、あとの2度はグラブの下を抜けて外野に達してしまった。
球際に弱くなったなあとも思ったが、前回に比べればかなりましになったと前向きに考えることにする。

結構暑かったが、ヒットも出てチームも勝利、気分のいい土曜日となった。
ラベル:草野球
posted by s-crew at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

足を引っ張りすぎと反省

今さらだが、土曜日に草野球をした。
これが2対15という大敗。
大敗の最大の原因が私だと思っているので、今日まで気持ちが落ち込んでいた。
たかが草野球ではあるが、チームメートや相手チームに対して申し訳なかったなと思う。

この日は私にとって今シーズン初試合。
ポジションはショート、一番守備機会が多いポジションだ。
五度ほど守備機会があったが、一度もアウトを取れなかった。
フィルダースチョイスから始まり、エラー・悪送球、さらに送球が遅くて内野安打にしてしまう。
周りはドンマイ・ドンマイと声を掛けてくれるけれど、ベンチに帰ったら居心地が悪い気がした。
久しぶりだったから、フットワークも悪く、肩もできていなかったと言い訳を書いておこう。

打つほうはというと3打数1安打1得点。
1安打と書いたものの、ボテボテの三塁前の当たりが内野安打になっただけ。
こちらもサッパリだった。
今までチームの盗塁王を争っていた若いヤツに「どうしたんですか?足腰の衰えですか?」と守備のほうも含めて心配されてしまう始末。
まじめに、ちょっと走りこみしようかな。

このことを書くのに二日の時間が必要だった。
それだけ私にしてみたらショックだったんですね。
書くことには嫌なことを忘れる効果があるということが、先日読んだ「ライフハック心理学」に書いてあった。
これでもう立ち直った(はず)。
明日からまた(ネタがあれば)ブログを毎日更新することを目指したい。
ラベル:草野球
posted by s-crew at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

今回は味スタの人工芝上

この前の日曜日に味スタへ行ってきたばかりだが、今日(土曜日)も味スタへ行ってきてしまった。
前回はFC東京対横河武蔵野FCの試合を見るため、今日は自分がフットサルをやるため。
おなじみの超ドシロートの大会に参加してきたのだ。

今回はいつものレギュレーションと違っていた。
6チームを二つのブロックに分け、総当たり戦をし、3チームでの順位を決める。
その後、両ブロックの1位と成績の良かったほうの2位の計3チームと、また両ブロックの3位と成績の悪かったほうの2位の計3チームで新たなブロックを作り、再び総当たり戦をし、順位を決めるというもの。
2試合やってまた2試合というわけで計4試合やったことになる。

成績はというと、1次リーグは2戦2敗で3位に終わり、下位のブロックへ。
下位のブロックでは1勝1敗で3チーム中2位、6チームで見れば5位という結果に終わった。

1次リーグの2試合は、自分でもびっくりするくらいすぐにバテてしまった。
原因は試合前のアップ不足かなと思っている。
3月6日に10キロ走って、予想よりもいい記録が出たので、ちょっと慢心があったのかもしれない。
次の大会の時には、試合前に体を十分にイジメて試合にのぞもうと思っている(けどすぐに忘れてしまいそうな気がする)。

2次リーグの初戦が、この日唯一の勝ち試合。
前半に1点先制されたものの、後半2点を入れて逆転勝ち。
フル出場ではなかったが、多くの時間をピッチ上にいて、勝利に貢献できたのではないかと思っている。
ちなみにこの試合の対戦相手は、以前にも試合をしたことがある。
チーム名から中学のサッカー部のOBチーム(といっても年齢は50歳前後と思われるが)と思われる。
この中学、私の家の近所にあり、選挙のたびに私が投票に出向くところだ。
選手の中には、ご近所の方もいるかもしれない。

2次リーグ2試合目は敗れてこの日はおしまい。
展開によっては、意図的に仕掛けてみようと思っていたが、少ない機会ではあったが試すことができた。
その点が個人的には収穫だった。

また次の機会も楽しめることを期待したい。
posted by s-crew at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

本当にこのタイムなの?

日曜日、第36回静岡駿府マラソンに出て、10キロ走ってきた。
土曜日に2試合サッカー観戦した次の日に、朝からこんなことをするなんて、我ながらようやるよと半ば呆れてしまう。

昨年は、50分をきることを目標にしながら、目標に遠く及ばない54分20秒という公式タイムだった。
今年はまったくといっていいほど走っていなかったので、弱気に一時間を切れればいいやと思っていた。
そうしたら公式記録が53分42秒、ネット記録が52分51秒と、昨年より30秒以上記録がよくなっていてビックリした。
DSC00040.JPG


なぜかと考えたら、二つ思い至った。
一つは、昨年は前日東京〜広島〜静岡と大移動をしたので、その疲れが出たが、今年は移動距離が短く疲労度が少なかったこと。
もう一つは、昨年はかなり寒く、十分にアップしないでスタートしたが、今年はあたたかい陽気で、すぐに走れる体調になったこと。
とにかく昨年より記録がよくなったことは、わたしもまだまだ老いていないなとうれしい気持ちにさせた。

とはいえ、やはり走っている間は苦しかった。
特に残り4キロくらいからは筋肉のスタミナが、残り2キロからは肺のほうのスタミナが切れそうになりしんどかった。
こんなときは、頭の中で歌を流している。
例年だと「Runnner」だが、今年は、なぜか足の運びのテンポとあって「団結清水」のチャントを流しながら走っていた。
永井や元紀のチャントも試してみたが、合わなかった。
ボスナーのチャントは私の走るテンポにあっていたが、意味不明のコースアウトするかもしれないと思い、止めた。

足の筋肉痛が、日曜日より月曜の朝、さらに夜と増してきている。
明日の朝に筋肉痛のピークが来るのではないかと心配している。
posted by s-crew at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

開幕が待てないサポ集結

今日は味スタそばのミズノフットサルプラザへ行ってきた。
Jリーグ、JFLのチームのサポによるフットサル親睦大会に出てきたのだ。
J1、J2(といってもFC東京だが)さらに松本山雅のサポが参加して、全10チーム(名古屋は2チーム参加、またいくつかのチームのサポで連合チームを形成もあり)、幹事役のFC東京サポの方々に感謝したい。

7分1本で10チーム総当りの全9試合。
きついだろうなと思っていたが、実際にやってみると本当にきつかった。
特に3試合連続が一度あり、正直3試合目はもう限界に近かった。

9試合行って、3勝2分4敗。
7試合を終わったところで3勝2分2敗と勝ち越しペースだったが、8試合目に要のキャプテンが負傷退場、参加選手も少なく、これで交代要員無しの戦いを余儀なくされた。
キャプテンの怪我がひどくないことを祈っている。

私自身の出来は、いま一つだったか。
やはり今年になってからあまり体を動かしていなかったからな。
特に終りのほうは、しつこいマークができなかった、残念。

一年に一度恒例にしたいということだったので、また来年実施されることを楽しみに待ちたい。
シーズンオフはこういう機会も大事でしょう。
ラベル:フットサル
posted by s-crew at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

宇治の三室戸寺にお参り

岡崎神社を後にした私は、京阪電鉄の神宮丸太町駅まで歩き、そこから京阪電鉄に乗った。
中書島まで乗り、そこで京阪宇治線に乗り換えて三室戸駅まで。
その駅が次に私が向かった三室戸寺の最寄り駅だ。
三室戸寺は「みむろとじ」と読む。
なんか湯桶読みみたいでしっくり来ない。
さらに言えば、駅名の読み方は「みむろど」とのこと、ややこしい。

この寺は、本来アジサイの寺として有名らしい。
だが、兎ともゆかりがある。
でかい狛兎(と狛牛)がいるのだ。
DSC00032.JPG


次に初めておみくじを手にする。
おみくじといっても、おみくじ付開運干支あめを買ってみただけだが。
「中吉」はまあいい。
だが詳細を見ると本当に中吉なのかと思ってしまった。
DSC00034.JPG

 願望 ゆるゆると叶う
 縁談 災あり
 待人 おそし
 商売 売買焦るべからず
 学業 思わぬ失敗あり
 方角 西以外は吉
目が赤くなるまで泣き明かそうか。
ラベル:宇治 お参り
posted by s-crew at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

兎の岡崎神社にお参りし

土曜日は浦和の神社を訪れたが、月曜日は京都の寺社を二つ回った。
京都市の神社と宇治市の寺だ。
まずは京都市の神社から。
訪れたのは岡崎神社、今年は兎スポットとしてニュースでも取り上げられているらしい。

市営地下鉄東山駅から歩いていった。
地面は雪で覆われていたところが多かったので、レンタサイクルは考えなかった。

招き猫ならぬ招き兎やら狛兎やら、確かに兎スポットだ。
DSC00030.JPG

DSC00031.JPG

お参りしたのは良いが、ご利益は「子授け 安産 厄除け」って、あまり私に関係がない。
オカの奥さんの安産を祈って置けばよかったのかも。
私は旅行安全のお守りを買った。

オカがハットトリックしたのは、私が岡崎神社をお参りしたおかげだとこの日の夜、思ったのだった。
ラベル:京都 お参り
posted by s-crew at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

浦和の神社にお参りする

実は今日から4連休だ。
詳しいことは省略するが、3月までに週末にくっ付けてあと二日休まなくてはならない。
1月下旬から仕事が忙しくなり、休暇を取りづらくなるのがわかっているので、このタイミングで休暇を取ることにした。

さてこの連休の間、何をしようかと考えた。
また、おくのほそ道御徒紀行をする案もあったが、前回のときにできた足の裏のまめのせいで、長く歩く気はしない。
そこで困ったときの神頼み、干支にちなんでウサギと関係のある神社をお参りすることにした。
初日の今日は近場で浦和の調神社へお参りしてきた。
この神社のことは、埼玉出身の会社の人に教えてもらった。

調は(つき)と読む。
つき→月→ウサギと来て、ウサギが神様の使者として狛犬ならぬコマウサギがいる。
DSC00029.JPG

DSC00028.JPG

お賽銭を入れ、私のことともう一つお祈りしてきた。

なお、場所は浦和駅から歩いて10分もかからないところにある。
今年は埼玉のチームに一時所属していた選手にツキがあるといいなと思う。

それから、神社から出るとき、初めて出口から入ってしまったことに気づいた。
出口から入って同じところから出てきたのだ。
おかしいとは思っていたが後の祭り。
こんなことでご利益が生じるのだろうか。
次は関西方面にお参りする予定だが、順路どおりに回りたいと思う。
ラベル:兎 神社
posted by s-crew at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

ありがとうございました

今年一年いろいろとありましたが、とりあえず年末のご挨拶を。
不器用な人間だなとあらためて思った年でした。
今さら器用に立ち回れるようになれるとは思わないので、うまくいかなくても落ち込まないようにしたいと思います。
ツイッターも始めてみましたが、ブログのほうに重点を置くのは変わらないと思います。

ともかく来年がいい年になりますように。

一年の計は元旦にあり。
まずは明日が大勝負。
ラベル:年末の挨拶
posted by s-crew at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

無失点で3連勝そして

一日遅れの日記となるが、昨日は超ドシロートレベルのフットサル大会に出てきた。
8チームを2グループに分け、4チームによるグループリーグをまず戦った。
こちらは3戦全勝で1位、1位同士の決勝戦に進出し、この試合も勝って、みごと優勝を飾った。
素直にうれしかった。
キャプテン・監督、そしてみんな、ありがとう。

特筆すべきは4試合とも無失点だったこと。
前から1−1−2といったフォーメーションで臨んだが、このフォーメーションがうまく機能した。
私は最後尾の2のポジションでプレーしたが、たまにオーバーラップも仕掛けて、なかなか楽しめた。
他の方からも言われたが、後ろから前に飛び出す動きが好きなんだな。
以前フルコートの草サッカーをやっていたころは、サイドバックをやることが多く、そのころの感覚がまだ残っているのかもしれない。

試合前は心配の種があった。
草野球で両足の親指の爪のすぐ下のところを内出血させてしまったので、痛みなく動けるか。
また、フットサルシューズも新しくして、足にフィットするか。
なんとか無事にできたので、心配は杞憂に終わったことになる。
よかった、よかった。

あと試合をやっていて感じたのは、ファーストタッチがうまくいくと、その試合にうまく入れるが、ファーストタッチがうまくいかないと、結構引きずってしまうということ。
グループリーグの第1試合と第3試合はうまく試合に入ることができた。
第1試合のファーストタッチはダイレクトで効果的なパスを出せた。
だが、第2試合はうまくいかなかった。
気持ちの問題なのかもしれないが、自己分析すると私にはそういう傾向があるようだ。

シュートを何本か打ったが、枠内シュートは一本もなかった気がする。
次は得点もあげてチームも優勝、という欲張りな目標を持つことにしよう。
そのために大事なことはなにか、それは優秀な助っ人の存在かな?
posted by s-crew at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

3点のリードもつかの間

今日は久しぶりに草野球。
一応予定では先週12月4日の試合で今シーズンもおしまいということだったが、納得のいかない負け方をしたらしく、急遽この日試合を入れたと聞いた。
おかげで先週行けなかった私は、試合ができることになった。

場所は芝公園、ライト側が極端に狭く、普通のライトフライがグラウンドルールでエンタイトルツーベースになるほど。
対戦相手はチョリーズというチーム、全体的にレベルが高く、やや格上の対戦相手かな、と試合前の練習を見ていて思った。

私は2番レフトで出場、試合開始直後はこれがなかなかうまくはまった。
先攻のわがチーム、ノーアウトランナーサードで回ってきた私の第一打席、レフトオーバーのツーベースで先制点を叩き出す。
詰まったがよく伸びてくれた。
その後満塁のチャンスにライトの木に当たるエンタイトルツーベースで2点を追加し、初回に3点をあげる上々の先制攻撃。
その裏の相手の1番バッター、レフト後方の大飛球も私が背走し好捕(自分で言ってりゃ世話ないね)、流れはわがチームと思った。

だが、その後地力の差か、徐々に追い上げられ、ついに逆転される。
この日は3時間グラウンドを取っていたので9回までやると試合前に取り決めていたようで、後半に大量失点をし、試合は決まった。
それでも、8回の表には4点をあげ意地を見せたところは、今後に繋がる内容といってもいいのではないか。

結局8対14で敗戦。
個人的には、守備はなかなかよく守った。
あるイニングでは3人が続けてレフト前タイムリーなんてのもあった。
試合途中からショートに守備位置を変える。
守備機会1を無難にこなす。
打撃成績は5打席3打数1安打1打点2四球1盗塁、良かったのは最初だけという気もするが、2番という打順を考えると2四球もそれなりに評価していいのかなと自分に甘く思う。

まだスパイクが足になじんでいないようで、今日も両足の親指が内出血してしまった。
来週は、また新しいシューズでフットサルをやる予定。
内出血がひどくならなければいいがと心配している。
posted by s-crew at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

今年も天童の夜に駒音が

サッカー観戦のあとは天童の旅館に宿泊、おいしい料理を戴き、温泉 にも浸かり、さあ次は将棋対局だ。
昨年9月にエス段位の奪取に成功して1年余り、その間挑戦者が現れないという理由で私がタイトルを保持していた。
再び天童の地に戻り、前エス段位者が挑戦者として名乗りを上げた(二人でやってるだけじゃないかという正論は脇に置いておいて)。
リベンジマッチは始まった。

振り駒の結果、私の先手で対局は始まる。
予想通り、矢倉模様で手が進む。
私が先手の利を活かそうと積極的な手を指すが、どうも伸び過ぎだったようだ。
その手をとがめる後手の指し手。
形勢不利を認めざるを得なくなる。
辛抱が足りず、形勢の差は開く一方。
途中「いやらしい手(挑戦者談)」を指し、挽回しようとするが、いかんせん形勢が開きすぎていた。

「参りました」と発して私は負けを認めた。
王座陥落。
不甲斐ない将棋を指してしまった。
ある程度持ち味を出して負けたのなら仕方ないと諦めもつくが、今回はまったくダメだった。

そうそう挑戦者(現王者)には強い助っ人がいた。
ボスナー駒、この駒を天童駅で手に入れてきていた。
この時点で私の負けは決まっていたのかもしれない。
昨年は私がパルちゃん駒を入手したから勝てたのかもしれない。
来年モンテディオがJ1に残ることを前提にして、来年は天童駅で駒を入手して対局に向かいたいと思った。
ラベル:将棋
posted by s-crew at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

得失点差3で1位を逃す

前日は草野球の大会に出てきたが、この日はフットサルの大会に参加。
味スタでやることの多かった超ドシロートの大会、この日の会場は墨田区体育館。
この歳になると二日連続で体を動かすのは結構しんどいが、昨日はいつも以上にストレッチをやったので、思ったほどの筋肉痛は出なかった。
ただ、全体的に疲れているのはよくわかり、8時に目覚ましをセットしたが、布団から出たのは10時だった。
頭は起きているのに、体が休みたがっていた。

試合結果は5チーム中、3勝1分で2位、それも1位とは同じ成績で、得失点差で順位が決まるという惜しいものだった。
今回の特徴として、女子混成のチームが多かった。
全体的に和気藹々といったムードがあった。
5試合目が終わった後、相手チームとなぜかハイタッチで行き交ったが、そのムードがハイタッチを生んだともいえるかもしれない。

私は例によって、後ろ目のポジション。
ロングキックに課題はあるが、まずますのプレーができたかなと思う。
そうそう、人工芝のピッチだったが、砂がかなり入っていて、ストップやターンがしにくい状態だった。
野球だけでなく、フットサル用のシューズもかなり痛んでいたので、こちらも新調したほうがいいようだ。
どうも最近、用具を言い訳にしているな。

二日連続で体を動かして、明日の朝あるいは明後日の朝が起きられるか、実はとても心配している。
寝る前にもう一度ストレッチをやって、明日の朝起きられることを祈って床に着くことにする。
ラベル:フットサル
posted by s-crew at 00:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。