2006年05月09日

いわき市の老舗

書き忘れていたが、J-ヴィレッジに行ったときは、宿をいわき市に取った。
そのいわき市にある老舗書店がヤマニ書房。
その本店を見てきた。

書店の前に、いわき市についてふれたい。
長い間、いわき市と言えば静岡市のすぐ上の存在だった。
これって、市の面積のこと。
長い間、日本で一番面積の広い市がいわき市で、二番目が静岡市だった。
今はわからない。
岐阜の高山市が一番広いらしいが、これだけ合併が相次ぐと追う気になれない。

さて、ヤマニ書房本店。
テキスト約70冊、そのうち20冊くらいが能力試験関係。
レッスンシリーズでは韓国語のみTUともあり。

駅のそばの商店街の中にあるが、商店街からは、伝統は感じられても活気は感じられなかった。
この書店も同じ雰囲気、仕方がないか。

せっかくなので、文庫本を一冊購入。
東北に来て、名古屋の本を買ってしまった。
そのうち、その本の感想を書く機会もあるでしょう。
posted by s-crew at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 書店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

自由書房EX高島屋店

4月8日の岐阜遠征の際、自由書房EX高島屋をのぞいてみた。
この店は、昨年10月、高島屋岐阜店のリニューアル時にオープンした、岐阜県下最大級の品揃えの店。
売場面積は書籍・雑誌で450坪、その他で50坪。

確かに広い。
名古屋への消費の流出を食い止める意味で必要な広さ、必要な在庫量なのだろう。
正直、こんなに在庫を持って大丈夫かな、と心配してしまった。

訪問記念にムックを1冊購入。

岐阜市内の商店街は、郊外と名古屋への消費の流出でかなりダメージを受けていると聞いている。
県都の中心の商店街の活性化につながるか、今後も気にかけていこうと思う。
posted by s-crew at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 書店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

三省堂書店甲府岡島店

これはほとんど私の私用のメモみたいなもんです。

甲府岡島百貨店内に三省堂書店甲府岡島店がある。
小瀬に行く前にちょっとのぞいてみた。
新刊がレジ前の新刊平台に平積、テキストが50冊ほど棚差し。
テキストは、あまり担当者が見ていないみたい。
見てもらうように働きかける必要がある。

ヴァンフォーレの昇格、J1開幕にあわせて、サッカー本のフェア開催中。
どこかの出版社で、「VFKの奇跡」みたいな本出さないかな。

あとYoshiの本、大展開中。
正直敵わんな。
posted by s-crew at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 書店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。