2014年04月06日

関東大学サッカーリーグ 専修大対駒澤大

西が丘の2試合目は、専修大対駒澤大のカード。
先に結果を書く。
6−0(!)でリーグ3連覇中の専大が圧勝。
駒大のシュートはわずかに1本だった。

専大の右サイドは強力だ。
WG仲川、SB北爪、ともにJ注目の選手。
特に仲川のボールタッチは素晴らしい。
北爪のオーバーラップも迫力がある。

対する駒大の左SBは竹澤、昨年度の選手権で優勝の立役者となったあの選手だ。
1年ではあるが、開幕から抜擢される。
健闘していたとは思う。
フル出場もしたし。

それにしても専大の破壊力はすさまじい。
攻撃は最大の防御というが、駒大のシュートは1本。
強いなあと思う。

両チームで注目していた選手をあげると、専大ではGK福島とボランチ星野。
どちらも静学出身だからという理由だけど。
確実なプレー。
駒大ではFW小牟田。
ゼロックスカップの前座、NEXT GENERATION MATCHで得点をあげた選手で記憶に残っている。
巻、三島、棗などの駒大大型FWの系譜。
だがこの日は専大のCB陣に押さえ込まれていた。

この試合を見た限りだが、専大の4連覇はかなり高い確率でありそうだと思った。
まあ明治の試合を見れば、また違った感想を持つかもしれないが。
それにしてもしつこいようだが専大やっぱり強いわ。
posted by s-crew at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝手にアーカイブズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

滝二時代の橘を振り返る

新しい記事カテゴリーを作った。
名づけて「勝手にアーカイブズ」。
きっかけは早大の岡根と大産大の橘がエスパルスへの加入が内定したことだ。
私は彼らの高校時代のプレーを見ている。
そしてその試合をブログにアップしている。
その記事を掘り出してきて振り返ってみようというものだが、こんなところまで見てるんだぜという単なる自慢話だったりする。

ではまず岡根から行こうと思ったのだが、試合を見てレポートしているが肝心の岡根に付いて触れていない。
ブログ記事はこちら。
http://orangev.seesaa.net/article/24359689.html
この試合、岡根は背が高くて目立っていたけど、キャプテンだしこのくらいはやるだろうと思って、特に触れていない、残念。

それではそそくさと橘へ。
橘が滝二時代に出場した試合は二試合生観戦している。
どちらも高円宮杯だ。
http://orangev.seesaa.net/article/24360613.html
http://orangev.seesaa.net/article/25148191.html
こちらも二試合目は残念ながら橘について触れていない。
だが一試合目は二箇所で触れている。
滝二の10番が橘、ゴールも決めて、技術の高さも見せている。
蛇足ながらこのときの滝二の19番が、エスパルスの練習にも参加したことのある現慶應三年の大塚。
さらに付け加えると、まったく触れていないが大塚とコンビを組んでいたもう一人のボランチが金崎夢生。

この記事を書いて、やっぱり自己満足の世界だなと思った。
一回こっきりで終りそうないやな予感がする。
タグ:橘章斗
posted by s-crew at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝手にアーカイブズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。