2014年04月02日

ジェフ対ロアッソ@フクアリ

日曜日、私はフクアリにいた。
当初は、野津田から味スタのはしご観戦を考えていたが、雨降りが予想されたのでフクアリ1試合にした。
カードはジェフ対ロアッソ。
ジェフは今シーズンすでに1試合見ている。
その試合はジェフが勝ったものの、強さはあまり感じられなかった。
J1に上がれるかといえば、難しいのではないかと思った。

ジェフのスタメンは、前に見たときと大きく変わっていた。
ボランチひょーどー、右SHに谷沢。
また左SHでユース出身の若手井出が先発、これも目新しいところ。

試合は立ち上がり1分で動く。
ジェフ左サイドを崩し中村がクロスを上げると、中で待っていたケンペスが頭で合わせて先制。
このゴールで勢いが生まれたか、前半はジェフペースで進む。
特にひょーどーが気の利いたプレーをしていたように映った。

後半、先に点を取ったのはジェフ。
右サイドでフリーになった谷沢が余裕を持ってクロスを入れると、合わせたのはロアッソのディフェンダー、オウンゴール。
さらに調子に乗るジェフ、だが好事魔多し、井出がGKと交錯、このプレーにレッドが出て、井出は退場に。
追いつこうと前掛りになるロアッソ。
だがここでまた流れを変えたのは谷沢だった。
ケンペスの落しから左足でループ、ゴールに吸い込まれる。
これで試合は決した。
3−0でジェフが勝利。

ジェフのことばかり書いたので、ロアッソのほうも少々。
全体的にアスリートが揃っているという印象。
ただゴール前のアイデアが足りず、決定機を作れないと思った。
個人的にFWの齊藤は大学時代に見たこともあり、目についた一人。

他で気になったのは観客数、6000人弱は寂しい数字。
みなさんショッピングセンターにしまったのだろうか。
この試合をやっていれば、回復基調には向かうと思う。

2014年03月31日

対FC東京@アイスタ日本平

悔しい思いをした土曜日の対FC東京戦。
1対3の敗北を喫した。

開始5分、駿のゴールで先制。
まだ今季勝ち星のないFC東京は、今日もかと悪い予感がしたことだろう。
このあとの時間帯で追加点をあげて2対0としておけば、かなりの確率で勝利していたことだろうと思う。
大勝もあったのではないかとも思う。
だが詰めが甘く追加点が奪えない。
そうしているうちに、もう少しで前半も終わるという時間帯で同点に追いつかれる。
息を吹き返すFC東京。

後半、再び流れをもたらすビッグチャンスが。
エリア内で太田がハンドを冒す。
キッカーは元紀。
ところがGK権田がセーブ、得点できず。
どうも権田は元紀のキックの方向を読みきっていた節がある。
完全に流れが変わった。

セットプレーで逆転を許す。
キッカーは太田、頭で決めたのは森重、どちらにしても出てきて欲しくない名前だ。
さらに米本に追加点を奪われる。
2点差をつけられなかったエスパルスに対し、しっかり2点差をつけたFC東京。
勝敗は決してしまった。

数少ない良かった点をあげるなら、駿の得点があげられようか。
これで公式戦3試合連続ゴール。
逆にノヴァコは低調。
またノヴァコが2列目だと守備時に問題が生じるように見えた。

3月は1勝3敗1分となった。
4月は反撃の月としてもらいたい。
posted by s-crew at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

「ユリゴコロ」

「ユリゴコロ」 沼田まほかる 著 双葉文庫 読了。

何年か前に“イヤミス”という言葉がミステリの世界で流行った覚えがある。
嫌な気持ちになってしまうミステリ作品をさしている言葉だ。
具体的な作品をあげると、湊かなえの「告白」がすぐに思い浮かぶ。
あの作品を読んでる間、あるいは読んだあと、救われない思いがして嫌な気持ちになった記憶がある。
さらにこの沼田まほかるだ。
「ユリゴコロ」、読んでる最中は嫌な気分だった。

「ユリゴコロ」とはユリコが書いた4冊のノート。
そこには殺人に取り憑かれた人物の手記が書かれていた。
この手記が、本当に嫌な気持ちにさせる。
この種気を読んだ主人公の行動を追って物語りは進む。

ラストは衝撃だった。
やられた、と思った。
そうか、そうだったのか。
嫌な気持ちが残ったまま、ある種爽快感がやってきた。

沼田まほかるがどういった人物か調べたら、60歳を超える女性だった。
著者近影を見て驚いた。
この著者からあんな作品がでてくるなんと思った。
イヤミスはあまり読む気がしないが、怖いもの見たさのような感覚で、また読んでしまうかもしれないなとも思った。
posted by s-crew at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

「週刊サッカーダイジェスト」4・8

今日発売の「週刊サッカーダイジェスト」。
クラブダイジェストで取り上げられているのはエスパルス。
特集名は「王国の意地、魅せます!」。

まずはキャプテン浩太のインタビュー。
印象に残っているのは、昨年調子が悪かったときに齊藤や山西から電話をもらった件。
いい話だ。

また高木兄弟のインタビューもある。
苦笑したのは、今季の目標を訊かれての善朗の返事。
「タイトルが欲しい。言い方は悪いですが、事故でも良いから。優勝は優勝なんでね。」。
事故でも良いからって…

村田と三浦弦太による監督と選手紹介「みんな実は、○○なんです」。
キャプテン浩太に友達がいない疑惑。
思い浮かぶのはキタジくらいか。
また元紀は野球がメチャうまいらしい、確かに意外。

まあ、こんなところでしょうか。

エスパルスの特集以外では、メインの特集は「Jクラブの育成力」。
2年後にはエスパルスも紹介されるようになっていることを期待する。
またJクラブとあるが、J1だけ取り上げられている。
コンサドーレやヴェルディの現時点も紹介して欲しかったと思う。
まあこの特集では、育成といっても下部組織に限らず、クラブに加入してからの育成も加味されているが。

もう少しエスパルスの記事が増えるといいなと思う。
やはり魅せないと。
posted by s-crew at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

横浜FC対モンテディオ山形@ニッパツ

J1の試合のない土曜日、やはりJ2の試合を観戦すべく横浜へ向かった。
カードは横浜FC対モンテディオ山形だ。

立ち上がりはモンテディオペース。
石崎監督らしいプレスが利いたサッカー、トップ下に位置するディエゴもサボっていなかった。
だが先制点をあげたのは横浜FC。
ペナルティエリア内でファウルを受けた小野瀬が自らPKを蹴り込んだ。
小野瀬は横浜FCのアカデミー出身。
PKキッカーを任されるとは意外だった。
前半は1−0で終了。
モンテディオは攻撃になるとまだ形ができていない印象を持つ。
ディエゴの個人技頼みのように映った。

後半、モンテディオが追いつく。
右からのアーリークロスに中島が頭で合わせる。
この日好調だった横浜FCのGK南もこれは止められなかった。

さらに攻勢に出るモンテディオ。
だがそのあとの得点をあげたのは横浜FCだった。
CBドウグラスがインターセプト、そのままドリブルで持ち上がり前線の黒津にスルーパス。
DFに囲まれながら黒津が右足で流し込む。
黒津って利き足右だっけと一瞬思ってしまった。

そのあとのモンテディオの攻撃を凌ぎ、横浜FCが勝利のときを迎える。

全体的な印象としては、モンテディオは守備時の形はできているが攻撃時の形はまだこれからかなと。
ディエゴもサボっていなかったのはさすが石崎監督と思った。
また宮阪のFKは大きな武器だとも思った。
横浜FCのほうはあまり印象に残っていない。
南が当たっていたので、良い補強とは思った。
また小野瀬は使いながら育てていくのかと。
やはりアカデミー出身の選手は大事に育てなければ。

まだシーズンも始まったばかり、これからのチームとしての成長をまたいつか見ることが出来ればと思った。

2014年03月22日

「ぼくは本屋のおやじさん」

「ぼくは本屋のおやじさん」 早川義夫 著 ちくま文庫 読了。

この本の単行本時代の存在は、かなり前から知っていた。
単行本は1982年に、シリーズ〈就職しないで生きるには〉@として刊行された。
このシリーズには他に「包丁一本がんばったンねん」というものも出ていて、その後新潮文庫に入り、その新潮文庫版を読んでいる。
かといって私は別に就職しないで生きようと思っていたわけではない。
ただ、就職してサラリーマンとして働く自分像はあまり描けていなかった。

で「ぼくは本屋のおやじさん」である。
昨年12月に文庫化され、ずっと気になっていた本なので購入した。
歌手だった早川義夫の書店主時代のエッセイだ。
さらに単行本が出た後のてんやわんやも文庫本では収録されている。

書店があったのは南武線武蔵新城駅前。
私は学生時代ふた駅となりに住んでいたので、今思うとなぜその店に行かなかったのか不思議だ。
もう閉店してしまったので、今から行くことは出来ない。

基本的に街の本屋の苦労話。
本屋は一見楽そうに見える。
だから著者も始めようと思った。
いざ開店してみると、いろんなトラブルが待っていた。
まず、注文した本が入荷しない。
これは今でも中小書店の悩みの種。
いや今のほうが苦しんでいる。
従来中小書店の飯のタネだった雑誌・コミックがコンビニにかなり奪われている。

できたら本屋の店主になれたらなんて思ってたときもあった。
この本、さらに昨年刊行された文庫本「傷だらけの店長」を読むと、ならなくて良かったと思う。
働くことは大変だ。
posted by s-crew at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

ナビスコカップ 対ベガルタ@アイスタ日本平

水曜日、14年のナビスコカップが開幕した。
エスパルスはホームアイスタにベガルタを迎えての一戦。
4−0と得失点差も稼いでの勝利だった。

私はこの試合、前半終了直前から見た。
だから駿のゴールを見ていない。
後半のプレーしか見ていないと言っていい。
物足りなさばかりが心に残った。
特にノヴァコの2得点目の流れ。
パスするよりもシュートを打ってほしかった。
もっとエゴイスティックになってほしかった。

試合の流れを追うと、2−0のスコアで後半しばらくは動かなかった。
その間はベガルタにボールを持たれていた。
危ない場面も何回かったが、何とか無失点で切り抜けた。
そしてノヴァコのゴール、さすがにここからは安心して見てられた。
もう少し早く引導を渡してほしかったと思う。

印象に残ったのは、まず六平。
ボランチは競争が激しいポジションだが、そこに割り込んできそうだ。
3枚目の交代のカードだった金子。
惜しいシュートが1本あった。
それでももっとシュートが見たい。

これで1戦目を終えてグループ首位に立ったはず。
まだまだの段階だが、それでも首位の居心地は悪くないはず。
良い意味で調子に乗って勝ち点を伸ばしてほしいと思う。
11月のタイトル獲得に向けて、さらに選手層が厚くなることを目指して。
posted by s-crew at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月19日

「レコード・コレクターズ」4月号

2号にわたる「レコード・コレクターズ」の大滝詠一特集。
最新4月号は『追悼特集 大滝詠一 1980-2013」。
年譜でいえば、ナイアガラレーベルがCBSソニーに移籍した以降ということになる。

1980年以降に限った話ではないが、この特集の中で特に興味を持ったページが二つある。
まず「大滝詠一の変名を“解題”する」。
大滝詠一は、アレンジャーのときに使っていた多羅尾伴内をはじめ、いくつもの変名を持っている。
その変名を紹介しているページが面白かった。
例えば、厚家羅漢(あっけらかん)とその従兄弟という設定の素家羅漢(すっからかん)。
素家羅漢は『クリスマス・ギフト・フォー・ユー・フロム・フィル・スペクター』は曲目解説をしていた。
これは覚えている。
あるいはレコーディング・エンジニア/ミキサーのときの変名、笛吹銅次。
これは吉野金次、伊藤銀次がいるなら銅次もという発想から作られた変名。
こういった発想に強く惹かれてしまう。
さらに臨機応変をもじったRinky O'henなんてのもある。
『スーダラ伝説』のスーパーヴァイザーでした。
昔私がいろんなハンドルネームを使っていたことがあったが、このあたりは大滝詠一の影響があったと、今にすると思う。

もう一つ強い関心を持ったのが「『フィル・スペクター 甦る伝説』をめぐって」、これは藤脇邦夫による。
この藤脇邦夫という人物は、昔私がこういった人になりたいと思っていた出版社の営業マンである。
最近はあまり文章を見かけなくなったと思っていたら、ここで出てきたか。
1990年に「フィル・スペクター 甦る伝説」が刊行された。
大滝詠一が解説を書いているということもあり、買って読んだ覚えがある。
この本の出版に藤脇邦夫が密接にからんでいた。
今にして思えば当然かと思うが、そのときは意識していただろうか。
覚えがない。
今、この誌上で裏話を読むことが出来て、良かったと思う。

さて、また3月21日がやってくる。
それぞれの人、それぞれの時、そして「EACH TIME」。
合掌。
posted by s-crew at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

セレッソ対エスパルス@ヤンマースタジアム

大阪、それも南のほうに行くのがイヤになる。
4対1の敗戦は応える。
また4失点か。

土曜日に行われたセレッソ対エスパルスの一戦、いったんは追いついたものの、その後突き放され、アディショナルタイムでの失点もあり、またも4失点でエスパルスは敗れてしまった。
点の取られ方や取られる時間帯が悪い。
見ているほうもテンションが下がる。

勝つ機会がまったくなかったわけではない。
1対1の時間帯、ゴール前でノヴァコヴィッチがフリーで詰めるだけという場面があった。
ここで決めていれば。
かなり違った展開になったことは間違いないだろう。
まだ3試合を終えたところだが、ノヴァコヴィッチが点を取ればエスパルスは勝利し、点を入れられなければ敗北を喫している。

良かった点を探せば、元紀がPKとはいえ得点をあげたこと。
PKは安心して見ていられる。
得点をあげたことで、次に繋がればと思う。

久しぶりのキャラのボランチも、心配していた分良く映った。
前線に飛び出すときもあった。
本田のコンディションが整わない今、キャラの存在は心強い。

懸念材料は、GKとCB。
ここが3試合で3通りの人選。
ここが固定できないと、土台が揺らいだ状態で試合に臨むことになってしまう。

ここでナビスコカップが始まる。
流れを変える意味で、いいタイミングかもしれない。
フレッシュな選手の活躍を期待したい。
posted by s-crew at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

ジェフ千葉対ファジアーノ岡山@フクアリ

さて、西が丘からフクアリへの移動だ。
私は本蓮沼から日比谷まで地下鉄三田線に乗った。
そこから歩いて京葉線東京駅へ。
この乗り換えを思いついたとき、私は鉄だと改めて確信した。
5時キックオフに間に合うかと少し不安だったが、4時半には蘇我駅に到着、キックオフには余裕だった。

で、ジェフ対ファジアーノの試合だ。
フクアリに入って驚いた。
客が少ないのだ。
後で発表になった観客動員数は7千人あまり。
開幕戦でジェフに失望してしまったサポーターが多いのだろうか。

試合はというと、どちらもディフェンスを軸とした戦いのように見受けられた。
これはなかなかスコアは動かないだろうなと思った。
また動くとしたら、セットプレーかイージーミスではないかとも思った。

試合が動いたのは後半も半ばにさしかかった頃。
ジェフの左サイドハーフの山中のミドルシュートだった。
4年前だっただろうか、カシマスタジアムでのシンジのシュートを思い出した。
シュートに至る過程と、そのゴラッソ振りがよく似ていると思うのだ。
結局この一点が決勝点となり、1−0でジェフの勝利。

ジェフには危機感があったように思う。
また、この観客数をみれば、それも当然のように思う。
攻撃陣はまだまだだが、守備陣は結果を出した。

ファジアーノはこれで2試合続けて得点をあげられず。
エスパルスユース出身の石原は途中出場、最初はシャドウの位置に、その後右WBに。
イエローをもらってしまったが、攻撃面では目立てなかった。
全体的に、ちょっと手痛い気味か。
荒田の1トップはどうなんだろう。
素人目には、林とポジションが逆ではないかと映る。

また今年もフクアリへは何度も足を運ぶと思う。
もう少し客が入って、いい雰囲気で見られるといいと思う。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。