2014年03月12日

長野対福島@味の素フィールド西が丘

土曜日は、まず西が丘に向かった。
今年から始まるJ3の開幕戦を見るためだ。
長野パルセイロ対福島ユナイテッドの一戦。
長野にはテルがいる。
一方の福島には柴原がいる。
試合に出てこないかなと思っていた。

スタメン発表、二人ともベンチスタートだった。

キックオフ、立ち上がりはロングボールを蹴りあう展開、だが徐々にパスが繋がるようになった長野のペースに。
そして先制点は長野、向かいのスルーパスに抜け出した高橋が決める。
やはり昨年のJFL優勝チームの長野、流れを引き寄せる。
このまま1対0でハーフタイムに。

後半頭から福島は安東を投入。
安藤はJFAアカデミー福島から今年湘南に加入、即提携先の福島へレンタル。
この安東が積極的にボールに触ることにより、徐々に福島が盛り返す。
そして柴原投入、トップ下の位置に。
柴原はいま一つだった。
もっとできると思った。
そして長野、テルを投入、試合をクローズさせに来る。
福島に惜しいチャンスがあったが、長野が逃げ切る。

全体的には長野に一日の長があったか。
やはりJ3の優勝候補だと思う。
福島は攻撃が細い印象。
10番キムのプレーを昨年か一昨年か見たことがあるが、そのときほど怖さが感じられなかった。
それだけ長野のディフェンスが良かったのかもしれない。
若手の成長に期待か。

西が丘に4312人、試合終了後はエールの交換もあり、いい雰囲気だった。
そんな中、私は次の目的地に向かったのだった。

2014年03月11日

対F・マリノス戦@アイスタ

日にちがあいてしまったが、土曜日にアイスタで行われた対F・マリノス戦の観戦記。
0対1での敗戦。
なんかやりきれない思いを試合後に抱いてしまった。

失点は崩されてのものではない。
ただF・マリノスの狙いどころだったのでないかとは思う。
吉田豊の軽く見えるディフェンス、ボールが意図しなかった変化をしたようだが、そこは対応してほしかった。
齋藤に奪われて、そのままゴールを許す。

攻撃面ではツインタワーが抑えられて、組み立てもおぼつかない。
駿には、代表クラスのCB相手では荷が重かったか。
だが、この経験は次に繋げてほしいと思う。

またいつも思うことだが、マイボールスローインは何とかならないものか。
マイボールスローインがピンチの始まりになってしまっている。
ボランチはボールを受けてはいけないという約束事があるのだろうか。

アディショナルタイムに決定機があった。
元紀のシュートを相手GK榎本が渾身のセーブ。
さらに相手に当たってサイドネットを揺らしたシュートもあった。
もう少し早い時間帯から総攻撃を見せてほしかったとも思う。

次の試合は浩太が出場停止。
ボランチに誰を持ってくるかが一つの焦点だろう。
フォルランを見るという重要な役割も担うことになる。
そろそろ長居で勝利を見せてくれてほしいと思うのだが。
posted by s-crew at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

FC岐阜対カマタマーレ@長良川

土曜日、豊スタで試合を見たあと、名古屋に泊まった。
翌日は天気次第で長良川に行くか、それともフクアリに戻ろうかと両天秤にかけていた。
天気がよく、長良川に行くことにした。

長良川で行われたのは、ラモス率いるFC岐阜と、今年J2に昇格したカマタマーレというカード。
両チームとも話題性があり、今年のJ2の初観戦にふさわしいカードと勝手に思っていた。

試合結果から先に書けば、3対1でホーム岐阜の勝利。
この日長良川競技場に集まった1万1000人以上の観客の多くは満足して帰途に着いたのではないか。

立ち上がりの岐阜は落ち着きがなかった。
開始早々岐阜の左サイドを突破され、ネットを揺らされる。
ここはハンドがあり、ノーゴール、冷や汗モノだった。

試合はセットプレーで動く。
三都主のCKをナサリドが落とし、最後は難波がプッシュ。
追加点はナザリドのFK。
このナザリド、J2では規格外かもしれない。
ほとんどのハイボールを競り勝っていた。
そして一瞬のスピードでも観客を沸かす。
J1チームからのオファーがあるのではないか。

一方のカマタマーレだが、組織ではFC岐阜を上回っていた。
降格の最有力候補かと思っていたが、中位も狙えるかと思い直した。
主力のFWを二人欠いてこの内容なら悪くない。
特に我那覇のポストプレー、左サイドのアンドレアの突破、中央の高木も存在感を見せていた。
あとは後ろがどこまで踏ん張れるか。
次節番狂わせを見たいと思った。
生観戦してしまおうか。

トータルで見て、長良川に来て良かったと思った。
このスタジアムの雰囲気が続いてほしいと思った。
できれば今シーズン中にもう一度訪れたい。
そのとき、FC岐阜は何位だろうか。

2014年03月03日

対グランパス戦@豊田スタジアム

二日遅れの観戦記。
3月1日、2014シーズンの開幕、エスパルスはアウェイでグランパスと対戦。
先制し、逆転を許すも、再逆転と勝負強さを見せ、開幕戦を7年振りの白星で飾った。

流れを変えたのは平岡のヘディングでのゴールだった。
それまでは逆転を許し、さらに攻め込まれて追加点も時間の問題かという流れだった。
しかしCKから得点し、同点に追いつく。
まさに起死回生。
あらためてセットプレーの重要度は高いと思わされた。

同点に追いついてからは、村田の投入とあいまって、流れはエスパルス。
この時間帯、グランパスは選手交代をためらっていた。
やっと準備が整い、第4の審判のところで交代選手が待機していたときにノヴァコヴィッチのゴールが生まれた。
プレーが切れる前にやりきったことが勝利に結びついたと思う。

またグランパスはまだ改造途上のチーム、後半の大事な時間帯で流れを手放すと、再度持ってくる力はまだなかった。

幸先よいスタートを切ったエスパルス。
次節は昨年ホームで完膚なきまでに叩きのめされたFマリノス。
リベンジを果たすときが来た。
勢いを持って試合に臨みたい。
posted by s-crew at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月28日

「華氏451度」

「華氏451度」 レイ・ブラッドベリ著 宇野利泰 訳 ハヤカワ文庫 読了。

華氏451度、それは紙が自動発火する温度。
小説の舞台は近未来、本の所有を禁じられた世界。
所有していることが露見すると、焚書官がやって来て本を燃やしてしまう。

主人公は焚書官モンターグ。
ある日ふとしたことから本を手にする。
そして隠して所有するようになる。
この先は…

普段SFをあまり読まない私だが、以前取り上げた「ノックス・マシン」収録の作品を読んでこの小説を読んでみようと思った。
面白い小説は、他の本を手に取らせる効能がある。
この「華氏451度」を読んで、他のSFにも手を伸ばそうかなと思った。

内容とはあまり関係ないところで、二つ書いておきたいことがある。
まず、この小説は漢字に出来るところでも、特に会話の部分で、ひらがなになっているところが多い。
ここに強い意図を感じる。
少々強引に過ぎるかもしれないが、本のない世界では、思考が浅くなってしまうことを暗示しているのではないかと思った。

二点目、出版不況の視点から解説がされていた。
これはどうなのだろうか。
SFの文脈での解説を読みたかった。

ちなみに本が自然発火することは、この小説内では出てこない。
にもかかわらず「華氏451度」というタイトルになぜしたか。
その点を考えながら読むと、さらに深いところまで読み込むことが出来るのではないだろうか。
心に残る一冊だった。
posted by s-crew at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

「週刊サッカーダイジェスト」3.11号

いよいよ今週末から今シーズンのJリーグが始まる。
そこで久しぶりに「サッカー記事から」のカテゴリをアップしたい。
取り上げるのは最新号の「サカダイ」。

元紀のインタビュー記事がある。
『覚悟の10番』。
なんかもう少し面白く出来たのではなかろうかと思った。
元紀が今一つ乗り気じゃなかったのか。
6月以降も残るのかとインタビュアーが訊いている。
答えは… やはりまだこう答えるんだろうな。

インタビュー記事以外ではやはり開幕直前大予想が気になる。
エスパルスの予想はといえば、この順位ですか。
すぐ下がグランパス。
開幕戦から中位を争うことになるのか。
細かいところでは、得点王の予想、サカダイ編集部の面々が、ノヴァコヴィッチを何人も得点王候補に挙げているのが意外。
それならエスパルスの順位ももっと高い順位を予想しろよといいたくなった。

J2の順位予想の次のページの、J2マニアック座談会が面白かった。
注目選手として、佐藤拓也が白崎(と中島翔哉)をあげていた。
よしよし。
ワールドカップ期間中、J1は中断するが、J2は試合がある。
生観戦主義の私は、6月の週末はJ2行脚に忙しくしていそうな気がしている。
posted by s-crew at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

「ケトル VOL.17」

またも大瀧詠一特集のムックを取り上げたい。
「ケトル」2月15日発売の最新号、特集は『大瀧詠一が大好き!』。

「ケトル」は今まで買ったことはなかった。
ただ前の号がタモリの特集でよく売れているという話は聞いていた。
その号に載っていた次号の予告では「一番早い、東京特集」だった。
それが急遽予定を変更して大瀧詠一特集にするとは。
よく言えば機を見るに敏、他の言い方をすれば商売上手といえるだろうか。

ケトルで話は脱線するが、小学校中学校の同級生に床屋の息子がいて、彼の店の屋号が「ケトル」だった。
毛を取るのね。

話を戻して大瀧詠一。
このムックでは、大滝ではなく大瀧で統一している。
読んで感じたのは、ミュージシャン大瀧詠一よりも、文化人大瀧詠一の比重が高いこと。

印象に残っているコーナーは「大瀧イズムここにあり 大瀧詠一の金言集」。
『いいものを見つけるにはダメなものを数見なくてはいけないんだ』。
やはり数をこなすことは大事なんだなと確認する。

もう一つあげるなら「大瀧詠一『モノ』図鑑」の滝、「駄洒落は知識人のなせるワザ」。
そうなんだよ、よし、早野おつと言われようと、言ってやる。

ちょっとやりすぎかなと思ったのは「必聴!大瀧詠一元ネタ集」。
モチーフとなった曲を取り上げているが、ここまでやる必要があるのかちょっと疑問に思った。
そういいながらも、元ネタをyou tubeで探してみようと思っているけど。

読み終わって思ったのは、大瀧詠一入門篇としては手ごろかなと思った。
さてこの号の売れ行きはどうなのだろうか。
こっそり教えてもらおうかな。
posted by s-crew at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

『週刊東洋経済 臨時増刊 「鉄道」完全解明2014』

「週刊東洋経済」は毎年のように鉄道特集を組む、あるいは増刊号を出す。
今年もご他聞に洩れず増刊号が出た。
切り口はというと、やはりビジネス週刊誌が作るだけに、ビジネスマンのための鉄道ガイドとなる。

全部で6つのpartに分かれている。
 part01 超深堀り!鉄道ビジネス
 part02 豪華列車の経済学
 part03 地方鉄道大変革時代
 part04 安全・正確ダイヤを維持せよ
 part05 異常気象に立ち向かう
 part06 鉄道四季報

ざっと読んでみて一番印象に残っているのはpart02だろうか。
「ななつ星in九州」に乗ってみたくなる。
特に調度品に触れてみたい。
また「ななつ星in九州」の仕掛け人、JR九州社長の唐池恒二氏のインタビューは興味深く読んだ。
「ななつ星」ではなく「ななつ星in九州」でなくてはダメなのね。

あるいはpart04の中で北海道を取材旅行した記録がある。
そこには雪深い北海道だから鉄道が必要という、部外者にはうかがい知れないことが書かれていた。
なんとか再生への道を歩んでほしいと思う。

あとは、三陸鉄道に乗ってみたくなる。
三陸鉄道社長のインタビューもある。
これを読めば、「あまちゃん」がもっと面白くなるかも。
私は見てなかったけど。

全体的には、少子化傾向が強まっていることもあって、厳しいんだなあと思わせる記事が多かった。
それでも、いや、だからこそ応援する意味をこめて鉄道に乗りたいと思う。
サッカーシーズン開幕を前に、いかに試合と鉄道の旅とを融合できるか、じっくりと検討したい。
posted by s-crew at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

「レコード・コレクターズ」3月号

昨年の12月30日に大滝詠一が亡くなった。
12月の旅人になってしまった。

追悼大滝詠一特集がいろんな雑誌で組まれている。
そんな中、今回取り上げるのは「レコード・コレクターズ」の最新号。
活動期間を二期に分け、ひとまずは1969-1979。

まず大滝詠一はどんな人物だったのか。
雑誌内の萩原健太が紹介する山下達郎の言葉を引用したい。
「大滝さんがどんな人か、みんながぼくに訊ねる。そういう人にはこう答えるの。“話してもいいけど三日三晩かかる。で、さんざん話を聞いたあとあなたはこう言うに決まってる。そんな人はいない…って。”」
幅の広さをと深さを表している。

続いて1969-1979。
この期間私は同時代で新譜を聞いていたわけではない。
「ロンバケ」を聞いて、もっと他の作品を聞きたくなり、さかのぼって作品に触れるようになった。
「ナイアガラ・ムーン」と「ゴー!ゴー!ナイアガラ」の二枚のアルバムが印象に残っている。
高校一年の夏休み、クラスメートにやはり大滝ファンがいて、かれがこの2枚のアルバムを持っていた。
彼からアルバムを借り、60分テープのA面とB面に収め(どちらも30分弱の収録時間だった)、繰り返し聞いた。
その後、コレクターの気質がでてきて、アルバムを結局買ってしまった。
「ナイアガラ・ムーン」のB面の3曲目「楽しい夜更し」は楽しい。

コレクターの気質からか、追悼大滝詠一特集の雑誌・ムックをできるだけ集めたいと思っている。
また近いうちにこのブログにウップすることになるだろう。
合掌。
posted by s-crew at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・ムック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

『世界と闘う「読書術」 思想を鍛える1000冊』

『世界と闘う「読書術」 思想を鍛える1000冊』 佐高信 佐藤優 著 集英社新書 読了。

「読書術」とあるが、これは「読書録」ではないか。
佐高信と佐藤優がテーマに沿って、読んだ本をあげて議論を深めていく。
テーマ毎に章になっている。
章立ては以下のとおり。
 第一章 宗教・民族と国家
 第二章 家族と国家
 第三章 戦争・組織
 第四章 日本とアメリカ
 第五章 沖縄・差別の構造
 第六章 日本・日本人
 第七章 文学・評伝・文芸批評
 第八章 社畜とブラック企業
 第九章 未来を読む

まず二人の読書量に圧倒される。
圧倒されるので内容についてはこれ以上触れない。
巻末に『佐高信が選ぶ、ジャンル別・必読「新書」リスト』がある。
この中で私が読んだものを書名だけあげてみたい。

「憲法九条を世界遺産に」
「哲学入門―生き方の確実な基礎」
「オバマ・ショック」
「共生の大地 新しい経済がはじまる」
「『噂の眞相』25年戦記」
「タテ社会の人間関係―単一社会の理論」
「住宅貧乏物語」
「論文の書き方」
「満鉄」
「白球太平洋を渡る―日米野球交流史」
「時刻表の旅」
「エビと日本人」
「日本語の素顔」
「日本の近代小説」
「文学入門」
「活字たんけん隊―めざせ、面白本の大海」
「活字のサーカス―面白本大追跡」
「生きることと考えること」
「本はどう読むか」
「考える技術・書く技術」
「知的生活の方法」
「発想法―創造性開発のために」
「続・発想法―KJ法の展開と応用」
「日本語練習帳」
「日本語の起源 新版」
「日本人の英語」

洩れているのもあるし、逆に買っただけで読んだ気になっているものもあるかもしれない。
私が思うほど読み込んではいなかった。
まあリストを参考にして、もう少し読了リストを増やしたいと思う。
posted by s-crew at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。