2013年09月21日

やっと、対グランパス戦

やっと観戦記がほぼ追いついた。
今日アップするのは先週行われた対グランパス戦。
やはりこの試合は、アディショナルタイムの村田のクロスから元紀のヘッドでしょう。
村田がいいクロスをあげた。
ただ、その前に中央に切れこんで左足でシュートを打っていたことに注目したい。
このプレーのおかげで元紀のマークが甘くなった。
元気のヘッドも素晴らしかった。
パスした後、そこで休むのではなく一目散のゴール前に駆けていった。
その頑張りが報われたプレーだったように思う。

この試合であらためて村田のスーパーサブとしての位置が確認できた。
後半疲労が溜まってきたところで村田が投入されれば、大きな武器となる。

グランパス側に立っていえば、この日はケネディの日ではなかった。
チャンスを全部決めていたらハットトリックをあげられていたかもしれない。
ホッとしている。

これでリーグ戦3連勝、新戦力がフィットして上を目指せるチーム状況になってきたように思う。
そこで対戦するのは首位F・マリノス。
老練なチームとの印象がある。
若いチームが勢いを持ってぶち当たればチャンスはある。
しっかりと試合を見てこようと思っている。
posted by s-crew at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

エスパルスY対流経大柏

天皇杯、エスパルス対MYFCの試合の次の日、J−STEPでエスパルスユース対流通経済大柏高の試合を見た。
春、流経大柏のホームの時には0−7で負けた。
その後どこまで差をつめたのか、あるいは追い抜いたのかを知りたいと思った。
スコアは前半2−1、後半3−2、合計5−3でエスパルスユースが勝利を収めた。

常に先攻したのが良かった。
三度先攻し、三度追いつかれた。
だがもう一度先攻すると流経大柏に追いすがる力は残っていなかった。
ダメ押し点を加え、二点差をつけての勝利となった。

流経大柏はハイプレスで鳴らしてる。
パスワークで網をかいくぐり、スペースを見つけて得点に結びつけた。
特に相手左SBが力のある選手と思えたが、オーバーラップした裏のスペースを効果的に狙っていたように思う。

目立った選手をあげれば、まずは2得点をあげた北川。
すでにトップの練習にも参加経験がある。
石毛に続いて高校生でのデビューを十分にありえる。
10番を背負う柳沢も相手を裏を狙う動きが効果的だった。

本来の力を出せなかったのが、U−17日本代表の常連水谷。
トラップミスから失点してしまうなど、どうしたのかと心配してしまう出来だった。

今年もエスパルスユースの試合は得点がよく入る。
なかなか見ていて面白い。
今後も機会があれば見てみたいと思う。

2013年09月19日

今度は対藤枝MYFC戦

天皇杯2回戦の観戦記。
相手が藤枝MYFCということで、トシやイチに注目してみていた方も多かっただろう。
私が一番注目していたのは、藤牧だった。
三重県の中学からエスパルスユースを経て中京大へ。
確か大学三年のときには、東海リーグの得点王になったはず。
いろいろあってヴァンフォーレに加入するも、一年で戦力外に。
そして藤枝MYFCに至る。
長くなったが、回り道の末藤枝でポジションを掴んだ藤牧が、エスパルスにどう立ち向かうのかを楽しみに見ていた。
CBで使われるかと思っていたら、FWでもなく右SHだったので意外に思った。

一番印象に残っているのは後半、左からのクロスにドンピシャヘッドであわせたプレー。
GK正面に飛びゴールとはならなかった。
試合後のインタビューで、真田さんに守られたといったようなコメントを残していた。
エスパルス愛が感じられて、ちょっとウルッと来てしまった。
JFLでの活躍を切に願う。

試合は、藤牧のヘディングシュートのあと、セットプレーから二得点をあげたエスパルスが貫録勝ち。
なるほどなあと思ってみていたのが、浩太に替えて村田を投入したとき。
どうポジションをいじるのかと思っていたら、4−3−3を4−2−3−1にフォーメーションを変えた。
このあとボールが効果的に動くようになった。
これからもこういった試合中のフォーメーション変更が見られるかもしれない。

試合後のエールの交換。
個人的に同じカードを藤枝のホームで見てみたいと思った。

藤枝MYFCは来期J3で戦う可能性がかなり高いようだ。
イチの雄姿をまた見たいと思う。
今年以上に藤枝に行く機会が増えるかもしれない。
posted by s-crew at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

今度は、対トリニータ戦

書いていない観戦記が溜まっている。
昨日は対アントラーズ戦だったが、今日は対大分トリニータ戦。
今さらながらだが、順番に書かないと気がすまないんで。

大分戦、この日は前日から風邪の初期兆候が現れていてのどが痛かった。
案の定というか、日曜日の夜に発熱、月曜日は会社を休んでしまった。
そこまでして行った大分、行っただけの甲斐はあったかな。
試合は3−2でエスパルスが勝利を収めた。

試合が動いたのは前半も残り数分といった時間帯だった。
中盤で大輔がドリブル開始、慣れないのか足がもつれそうになったのはご愛嬌。
左を走っていた俊幸にパスを出した後もゴール前まで走っていたのが良かった。
俊幸のクロスをヘッドでしとめる。

ホッとするまもなく追加点。
拓のフィードから元紀がループシュート、相手キーパーをあざ笑うかのようにボールはゴールに吸い込まれる。
どちらのプレーも持ち味が出ていたように思う。

後半になってもエスパルスの攻勢は止まない。
CKからの連続攻撃で俊幸が抜け出して得点をあげる。
ここまでは笑いが止まらない展開だった。
だが、ここから先は徐々に冷や汗の止まらない展開に。

交代出場の森島に連続してゴールを決められる。
そしてラストプレーでのヘディングシュート、紙一重でボールはバーの上だった。

3点取ってから2点を取られるところは、拙い試合運びといわれても仕方ないところ。
まあトリニータがホームで意地を見せたともいえるが。
それでもせめて3−1で勝っておきたかった。

風邪をひいてしまったのは、この試合展開で冷や汗をかきすぎたからかも。
posted by s-crew at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

今さら対アントラーズ戦

長い間更新をサボってしまった。
一度サボってしまうと、再開するのにかなりのエネルギーを要する。
少なくとも私はそうだ。
まあ肩の力を抜いてひっそりと再開することにする。

アントラーズ戦から振り返ってみたい。
この試合は実質後半から見た。
7時15分くらいにケータイで途中経過を確認したところ、0−2となっていて愕然とした。
救いだと思ったのはアントラーズのボランチ梅鉢にイエローが1枚出ていたこと。
この選手を退場に追い込めば逆転できるのではないかと、そんなことを思っていた。

後半その梅鉢がいない。
アントラーズのボランチが山村と中田になっていたが、着いたばかりの私はよく把握できていなかった。
小笠原は出場停止なのは知っていたが柴崎はどうしたんだ?
よくわからないがアントラーズは落ち着かせるところがないようだと感じた。

ともかく2−2から後半スタート。
俊幸の得点。
ラドンチッチのポストプレーが光る。

PKで追いつかれる。
だがその後の喜びの序章に過ぎなかった。

拓のスルーパスに村田のクロス、そして俊幸のボレー。
思い返すだけでニヤニヤしてしまうプレーの連続だった。
素晴らしい。

4−3打ち合いを制したエスパルス。
後半しか見られなかったが、十分もとは取った気分だった。
posted by s-crew at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月28日

大きな戦力レンタル二人

日曜日は味スタへ出かけた。
カードはヴェルディ対松本山雅、緑の対決だ。
山雅にはエスパルスからレンタルで出ている犬飼がいる。
さっそくレギュラーを掴んでいるようで、見るのが楽しみだった。

山雅には長沢もレンタルで行っているが、この試合には出場せず。
怪我をしていると後から知る、残念。

試合は立ち上がりからヴェルディペース。
圧倒的なポゼッションで山雅にボールを触らせない。
だが点に結びつかない。
さらにいえばシュートにも繋がっていない。

先制したのは山雅、それも犬飼。
CKから、マークを振り切った犬飼が滞空時間の長いヘッド、ボールはゴールマウスに吸い込まれる。
前半はこのまま0−1で終了。
支配率とスコアが一致しないところがサッカーの面白いところだなあと思う。

後半、ヴェルディPK獲得。
このチャンスをヴェルディのキッカー飯尾が枠をはずしたキック。
この時点で山雅が勝利にかなり近づいた。

山雅の追加点は10番船山、カウンターから。
この船山、得点をあげたのもさることながら、前線からの守備が目立っていた。

このあとヴェルディが得点をあげるも、崩しきった形からではなく、アーリークロスをヘッドであわせたもの。
崩しきった形ではなかったのが、どこか皮肉めいている。

山雅、とどめの3点目は岩上。
あれ、先日途中出場したもののすぐ退場した選手ではないか。
ロングスローでも存在感を見せていた。
山雅はレンタル組をうまく活かしている印象を持つ。

試合は1−3で松本山雅の勝利。
セットプレーとカウンターで得点をあげた山雅がポゼッションのヴェルディを打ち砕いた試合といえようか。
山雅の、二人のレンタル選手と、カウンター時の全力疾走とが印象に残った。

2013年08月27日

もう完敗ですよぉ、はい

あまりに完敗過ぎて、あんまり書きたくないな。
というか気力がわかない。
こんな気持ちになるのは久しぶりだ。
まあ、もう気分は切り替わっているけど。

土曜日にエコパで行われたエスパルスとレッズの一戦、先制点を許したエスパルスは、その後もいいところなく敗れてしまった。
アディショナルタイムに失点しなかったことを良しとしてしまおうか。

次の試合に向けて切り替える。
中三日で次の試合はやってくる。
次は次で難敵だ。
本田の恩返しに期待するということで。
posted by s-crew at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | エスパルス(トップ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

由紀夫には4人の父親が

「オー!ファーザー」 伊坂幸太郎 著 新潮文庫 読了。

主人公の高校生・由紀夫には4人の父親がいる?
奇想天外な設定で、いきなり読むものの関心を惹きつける伊坂幸太郎の長編小説。
とはいうものの、著者の後書きで書かれているように、父親が4人いるという設定は実は以前にもあった。
A・J・クィネルの「イローナの四人の父親」がそれ。
この小説は読んだ覚えがある、多分20年以上前に。
そんな昔だから、ストーリーは忘れてしまったが、面白く読んだ覚えがあり、読後感もかなり良かった気がする。
特徴を持った父親たちが協力して敵に立ち向かうというところはどうしても似てくる。
では、この小説の父親たちの特徴は?
父その1悟は大学教授。深い見識を持つ。
父その2鷹はチンピラ風のギャンブラー。
父その3勲は中学教師。格闘技が得意。
父その4葵は元ホスト。女好き。
収束に向かい、この4人が特徴を出し合って主人公を救出する。
たは、なるほどね。

これも著者後書きからの引用だが、この作品は伊坂ワールド第一期を締めくくるものだそうだ。
そして第二期の「ゴールデンスランバー」へと続く。
伊坂小説にちょっとでも関心があるのなら、読んでおきたい一冊といえるのではないか。
私は満足しました。
タグ:伊坂幸太郎
posted by s-crew at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

ヴァランダーは出てこず

「タンゴステップ」 ヘニング・マンケル著 柳沢由実子 訳 創元推理文庫 読了。

刑事クルト・ヴァランダーシリーズで知られるスウェーデンの作家ヘニング・マンケルのノンシリーズ作品。
シリーズ作品は、現在翻訳がすんでいるものはすべて読んだので、今度はノンシリーズ作品に手を伸ばしたわけだ。
メモを見ると7月16日に読み終わっている。
やはり細かいところは忘れてしまっている。

覚えているのは、この小説にナチの影があるところ。
それだからというべきか、それなのにというべきか、訳者あとがきによるとこの小説はドイツでもベストセラーランキング1位の座に着いたという。
やはりそれだからなんだろうな。

主人公は37歳の警察官ステファン・リンドマン。
彼は舌がんの宣告を受ける。
治療を受けるまでの休職期間のうちに、新米だった頃指導を受けた先輩が殺された謎を追うことに。
だが、殺人事件はこれだけで終わらなかった。
独自に捜査を進めるステファンの苦悩が伝わってくる。

ヴァランダーシリーズでも主人公の苦悩振りが読みどころの一つと思ってるが、この小説でも主人公の苦悩振り、さらにがんに対する恐れがひしひしと伝わってきて大きな読みどころとなっている。
ただ、ストーリーはどうなんだろう、なんか私自身入りきれていなかったように思う。

やっぱりヴァランダーシリーズが読みたいなと思う。
ただ、訳者によると、これからはノンシリーズものを2作翻訳をするとのこと。
ヴァランダーものなら、出たらすぐ買って読むだろうが、ノンシリーズものならば、評価が出るのを待って読むかどうするか決めることになると思う。
ともかく翻訳を待ちたい。
posted by s-crew at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

ダメな自分から抜け出せ

「脳から自分を変える12の秘訣 『やる気』と『自信』を取り戻す」 築山節 著 新潮文庫 読了。

今から6年ほど前に同じ著者の「脳が冴える15の習慣」という本を読んだ。
ベストセラーにもなったので、本の題名をご記憶の方もいるだろう。
脳トレもいいけど、いい習慣作りのほうが大事だよ、という内容だった。
参考にさせてもらった。

文庫の新刊で出たので、迷わず買って読み始めた。
12の症状とそれに対する処方箋を紹介、といったところだろうか。
12の症状を書き出してみる。
1 やる気がおこらない
2 集中力がない
3 早起きを定着させられない
4 抑制の力が落ちている
5 「空気が読めない」と言われる
6 自分の考えがまとめられない
7 思い出せない言葉が増えている
8 アイデアが浮かばない
9 時間を無駄遣いしてしまう
10 同じ失敗を繰り返す
11 ネガティブ思考に陥りやすい
12 変化への対応力がない
今の自分を振り返ると、4を強く感じる。
この本によると、意志が弱くなっていると言い換えられるようだ。

そこで対処法である。
二つのトレーニングを紹介している。
私がやってみようかなと思ったのは「少し辛いと感じる長さの文章を音読する。」だ。
たとえば、朝に新聞のコラム欄を読めばいいのではないかと思った。
が、思っただけで実際にやっていないのが、私の性格の弱いところ。
この本を読み終えたのが、7月14日の長崎でだった。
あれからひと月以上たっているのにやっていない。
このブログを書くことで、リセットしようと思う。

明日の朝、読むだろうか。
自信がない。
あ、11の処方箋も読み直したほうがいいのかも。
posted by s-crew at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。